>特集>メールよりも便利なチャットツール!社内の情報共有がスムーズになる

メールよりも便利なチャットツール!社内の情報共有がスムーズになる

パソコンを操作する人

社内でチャットツールを導入する利点

社内チャットツールは、複数の人が会話のように同時にメッセージを書き込むことができます。社内でチャットツールを導入する利点としては、小規模な会議を自分のデスクで行えるようになることです。また、手軽にチャットができますので社内の社員同士の交流も活発になることでしょう。なお、社員のチャットをモニタリングすることで管理職の人も現場の声を取得しやすくなります。

チャットツール導入前と導入後でどうかわるかを比較

会議がデスクでできるようになる

小規模な会議であれば、自分のデスクでできるようになります。また、会議室や備品を用意する手間が省けることになります。

緊急性の高い情報を手早く共有できる

社内チャットツールを使用すると、全社員に対して一斉チャット配信が可能となります。そのため、緊急性の高い情報を素早く全社員に知らせることができるようになります。

チャットツールは便利機能が多い

チャットツールはメールとは異なり、便利機能が多いです。例えばメールとは異なり、修正が可能なことです。メールでは送ってしまうと取り消すことが不可能ですが、チャットツールでは送信したメッセージを撤回や修正が可能です。

メールではできなかったチャットツールで解決できる点

オフィス

会話の順番が一目瞭然にてわかる

チャットツールでは会話の内容をタイムラインにて表示するため、いつ誰がどのような発信をしたのかが、一目瞭然です。時間を追って発言の順番もわかります。

あらゆるタスクを専用のトピックで管理できる

チャットツールを使用すると、トピックを手軽に作ることが可能です。課題に関係なくなったメンバーはすぐに退出させることが可能です。

画像や文書ファイルの添付がメールよりも簡単

多くのチャットツールは、文書ファイルや画像ファイルをドラッグ&ドロップで手軽に添付することができメールよりも操作が楽です。

他のツールと併用して情報共有をしやすくなる

チャットツールのほとんどが、タスク管理ツールなどの外部サービスとの連携に対応しています。チャットの内容をストックしておき議事録とすることが可能です。

グループ管理が可能

チャットをする場合に、特定のメンバーだけ招待してチャットを行うことができます。また、セキュリティーをかけておけば他の人に内容が漏れることもありません。